お客様の声

「腰痛と右足の痺れがあって、運動したくてもできない!」が悩みのお客様

腰痛 右足の痺れ

腰痛と足の痺れの症状に悩まれていたAさんについてご紹介します。

腰痛の原因は、偏平足と、お尻の筋肉が固くなっていた事でした。

Aさんの状況や特徴

  • 腰痛と右足の痺れ
  • 運動したくてもできない
  • 10か所以上、病院や治療院に行った
  • 偏平足により、お尻の筋肉を使いすぎていた

「腰痛」は、痛みがある場所が、原因でないこともあります。

偏平足と腰の両方を治療することにより、Aさんの痛みも軽減されました。

どんな悩みがあったのか?

悩み

Aさんは、腰痛と右足の痺れの症状に悩まれていました。

また、過去に2回心筋梗塞を発症され、ドクターから「運動をしてください」と言われていましたが、痺れにより、趣味のゴルフや歩くことにも支障をきたしていました。

当院に来られるまでには、10箇所の病院や治療院を回られていましたが、改善せず途方にくれていたそうです。

そんな時、奥様が当院のチラシをみて「最後にここにかけてみよう」という思いで来られました。

何が原因だったのか?

腰痛 男性

原因は右足が扁平足の傾向がありました。

すると、足本来の機能を生かしきれず、脚やお尻の筋肉が頑張って働き過ぎてしまいます。

その結果、お尻の筋肉が硬くなり、神経を圧迫していました。

お尻の神経を圧迫してしまうと、足に痺れがおきてしまうのです。

詳しい内容は動画でご紹介します↓↓↓

治療法をご紹介

治療法

Aさんのように痛みが複数ある場合は、根本的な治療が必要になります。

痛みは腰、痺れは右足にありましたが、他の場所にも着目して治療を行いました。

腰通の治療

まず、背骨、股関節、足首を中心にしました。

腰に痛みがある場合でも、直接、腰が原因でないこともあります。

①背骨の関節の柔軟性を出す

背骨の関節が硬くなっていたので、柔軟性を出す施術を行いました。

関節が固い状態だと、周囲の筋肉が十分に力を発揮できず、関節は不安定な状態になります。

②股関節の柔軟性を上げる

股関節にも固さがあり、効率よく使えていませんでした。

ストレッチで柔軟性を出した後に、正しい動かし方の練習を行いました。

股関節の動きが悪いと、腰で補おうとし、腰痛を引き起こすこともあります。

③足首のコントロール性を上げる

腰痛に対して、足首にも施術を行うこともあります。

足首の動きを自分でコントロールできるよう、協調性を上げるトレーニングを実施しました。

捻挫を過去にした方、足首の関節が柔らかすぎる方は、自分でもうまくコントロールすることができますせん。

これが、股関節周囲の筋肉を過剰に固くする要因にもなるのです。

ぐらつく

右足の痺れの治療

まず、痺れを誘発しているお尻の筋肉を緩めるようにしました。

具体的な治療法

  • 股関節や脚の柔軟性を上げる
  • 足部の機能が向上するよう協調的な運動
  • 脳の学習
  • セルフストレッチの指導(お尻、太もも裏、体幹)

股関節の柔軟性が上がると、周囲を取り囲む筋肉は本来の柔らかさを取り戻します。

さらに、足が使えるようになると、またお尻の筋肉が固くならないので、痺れの再発防止にもなります。

脳の学習とは?

脳 学習

体に効率の良い動きを覚えさせるということです。

腰痛がある時の動きは、体にとっても効率が悪いです。

「効率の悪い動き」の積み重ねは、さらに症状を悪化させてしまいます。

そのため、非効率的な動きを1度リセットする必要があります。

正しい動きを体で覚えるようトレーニングをすることで、脳がその動きを学習し、習慣的に効率の良い動きが出来るようになります。

セルフストレッチ

Aさんには、治療効果を高めるために、自宅でできるストレッチもしていただきました。

体幹、お尻の筋肉、太もも裏からふくらはぎの筋肉、以上3つのストレッチにより体の柔軟性の向上が期待できます。

Ⅰ.体幹の動きを出す体操

体幹1 体幹2

①四つ這いになり、片方の手を首の後ろに置く

②肘を天井に向けるように体を捻る(背骨を軸にして体を回旋させる)

背骨が直接動くような感覚はありませんが、これで背骨の1つ1つが動きます。

Ⅱ.お尻の筋肉を伸ばすストレッチ

お尻ストレッチ1 股関節2

【方法】

①片足をあぐらをかくようにします。

②体は真っすぐにしたまま、股関節から曲げるようにします。

この時に曲げた足側のお尻が伸びた感じがあればOKです!

Ⅲ.足の裏を伸ばすストレッチ

大腿後面ストレッチ1 大腿後面ストレッチ2

①壁に手をつく

②お尻を突き出すようにして股関節から曲げる

太もも裏からふくらはぎの伸びた感覚があるとOKです。

治療期間は?

治療期間は、8週間の、週に2回、計12回通っていただきました。

前半の1ヶ月は週2回、後半の1ヶ月は週1回に間隔を徐々に伸ばしていきました。

治療後

治療後には、「痺れが治りつつある」と実感され、私自身も嬉しくなりました。

「腰痛と右足の痺れで運動ができない」と悩まれていたAさんでしたが、以前より痺れが改善され、運動へも前向きになられています。

 

-お客様の声

Copyright© 美容整体ライフタイムサポーター , 2022 All Rights Reserved.