健康 働く方 悩み 痛み 運動

腰痛ベルトは使った方が良いのか??

こんにちは。

重症腰痛専門整体院のLifeTimeSupporter代表の尾方佑輔です。

 

本日も腰痛を抱えている方のお悩みを解決できるよう配信していきたいと思います。

 

 

今回は腰痛ベルトに関してお話します。

 

皆さんは腰痛ベルトって知っていますか?

よくコルセットとも言われています。

 

機能性はそれぞれで違いますが病院では腰痛患者に対してもコルセットは処方されていますので今回はベルトコルセット両方を総称して腰痛ベルトと呼んでいきますね。

 

腰痛ベルトをする場合は、おそらく腰痛がある時や、元々腰痛持ちの方が違和感を感じている時などに使用されると思います。

 

 

腰痛ベルトをすることによって腰の損傷を引き起こすリスクを下げられると考えている方が多いと思います。

 

 

ここで質問ですが、腰痛ベルトは腰の損傷する可能性を下げる事ができると思いますか??

 

 

答えは、出来ません!!!

 

 

一つ言っておきますが、腰痛ベルトを否定しているわけではありません。

但し、腰痛ベルトをしたからと言って腰の損傷を防ぐ最善の策かというとそうではないということです。

 

特に腰痛を発症したことがない方にとっては、腰痛ベルトを使用することで腰損傷を受傷した際に重症になるリスクもあります。

 

 

これは腰の動きを制限してしまうことや筋力を低下させてしまうことなどが挙げられますが、予防のために使用することは自分の身を削るリスクになってしまいます。

 

 

腰痛ベルトを正しく使用できるように以下に使用する際に注意するポイントを書いておきますね。

 

 

<腰痛ベルトを使用する際の注意すべきポイント>

動き方を学んでおく

腰痛ベルトの使用が誤った安全感覚を体に与えてしまう可能性を踏まえて、ベルトを使用する人は持ち上げ動作の方法を学んでおかなければなりません。

産業界においては、腰痛ベルトは腰損傷の問題を解決してくれるものと宣伝されていますが、これは腰損傷を減らすという視点ではものすごく危険です。

だって、損傷してしまった原因から目を逸らしてしまっていますもんね。

原因を見極めるためにも問題となる動きを見直し、正しい体の使い方を思えていく事はとても重要です。

 

2.ベルトが必要か体の状態を評価してもらう

これは体の状態を評価する前からベルトを使用してはいけないという事です。

一番の理想は体の状態を評価し、腰痛を引き越している筋肉や関節のトラブルを見つけ、改善していくための取り組みを行い、腰にかかっている負担を減少させる解決策を提供していかなくてはいけません。

これをした上でもベルトが必要だと判断された場合に初めてベルトは使用されるわけですね。

 

3.腰痛ベルトは長期間使用してはいけない

腰痛ベルトは腰の保護を補完するものであり、このベルトによって腰の機能を上げてくれるわけではありません。

もっと言えばベルトをする時間が長いほど体の機能は落ちていきます。

つまり腰ベルトを使用している人は、必ず離脱できるよう取り組んでいかなければいかないわけです。

なので体の動かし方などは定期的に学んでいく必要性があります。

また、腰痛ベルトの使用をやめた後しばらくは損傷リスクが上がりますので注意をしなければなりません。

 

 

以上が腰痛ベルトをする際に注意すべきポイントになります。

 

間違ってほしくないのは腰痛ベルトをすることは悪いと言っているわけではなく、原因は体にあるのでその大事な部分を見ていきましょうという事です。

 

慢性痛にもなれば心理面が痛みに与える影響は大きくなりますので、ベルトをすることによって安心するのであればそれはそれで良いと思います。

 

このような情報を知っていると同じベルトを使用するにしても考え方が変わってくると思いますので、皆さんがより安心して働いていただく上での材料になってくれれば何より嬉しいです。

 

まとめ

・腰ベルトは腰の損傷リスクを下げるわけではない

・腰痛の原因となっている体の状態を評価することが必要

・コルセットの長期使用すべきではない

 

LINE@にて腰痛に関するとても貴重な情報を配信しています。

腰痛を本気で治したいと思う方はご覧ください。

2月までにご登録頂けると、㊙自分で腰痛を改善させる3つの運動についてまとめた動画をプレゼント致します。

友だち追加

-健康, 働く方, 悩み, 痛み, 運動
-, , , ,

Copyright© 美容整体ライフタイムサポーター , 2022 All Rights Reserved.